断捨離にもお金はかかる。千代田区の粗大ごみ処理費用は、3段収納ケース300円でした

千代田区 有料粗大ごみ処理券
千代田区ライフ 最適化

10年以上持っているクローゼット用3段収納ケースを捨てることにしました。

モノを買う時には価格を意識すると思いますが、捨てる時のコストを考える方は少ないのではないでしょうか?

モノを『捨てる』にもお金がかかるというお話しをしたいと思います。

  1. 千代田区で粗大ごみ手数料は最低でも200円かかかる
  2. モノを『捨てる』ことはコストがかかる
  3. 『引越し』にもコストがかかる

(1)〜(3)を順番にお話します。

スポンサーリンク

1.千代田区で粗大ごみ手数料は最低でも200円かかかる

今回粗大ゴミの回収で捨てることにした収納ケースは、「使っていた」ではなく「持っていた」モノです。

気に入っているわけではなく何となくクローゼットにあって、その中にモノが入っていました。

まさに収納場所があるから、そこにものが集まっていた状態だったので、中に入っているものも整理して、手放すことにしました。

粗大ごみの回収手数料は300円

千代田区では、粗大ゴミの回収はインターネットから申込みができます。

今回の収納ケースは、「箱物家具」で「高さと幅の合計が135cm以下のもの」に該当したので、粗大ゴミの回収手数料は300円でした。

以前に、夫が持っていた大きな棚を粗大ゴミに出した時は、900円かかりました。

今回の収納ケースも棚も10年ぐらい使ったもので、しかもノーブランドのものだったので、手放すのに「売る」や「譲る」という方法ではなく、粗大ゴミを選択しました

ざっくり言うと、お金を払わないと手放すことができないモノなのです

2.モノを『捨てる』ことはコストがかかる

粗大ごみの回収手数料が300円。
これが高いとか、お金がかかるのが嫌だという話ではありません。

粗大ごみを回収してもらうために、お金以外にかかる手間がこちらです。

  1. インターネット事前申込み
  2. コンビニで粗大ごみ回収券を購入
  3. 粗大ごみ回収券に名前を記入・貼り付ける
  4. 粗大ゴミ置き場に運ぶ

マンションに粗大ゴミ置き場があるので、自分の申し込みした回収日でなくても置いておけるので、当日の朝に出しに行く手間はありません。

それでも、手間がゼロではないのです。

3.『引越し』にもコストがかかる

今回粗大ごみにだす収納ケースを持っている間に、3度の引越しをしました。

この収納ケースは大きな家具ではないので、引越し代金の見積もりにどの程度影響があったかは分かりません。でも、養生をして、運んで、引越しのトラックのスペースをとるのです。

当たり前のことですが、自分の所有している荷物が多ければ、引越しコストも高くなります

まとめ 捨てることにもお金がかかる

モノ買うには、コストがかかる
モノを持つには、コストがかかる
モノを手放すには、コストがかかる

常に私は所有する時には、上記のように考えます。

モノを持つコストは、メンテナンス・クリーニングといった維持費や置くためのトランクルームのような場所代・引越し費用を考えます。

特に家具など大きなモノは、『捨てることにお金がかかる』を意識しています

「バラバラにして不燃ごみにできるかな?」とか「折りたためるから小さくなるな」と、捨てること移動することを買う時から考えるのです。

環境に配慮すると言う大事な視点もありますが、今回は『捨てること』のコストや手間に関して書きました。

ミニマリストと言うと『捨』のイメージですが、断捨離の『断・離』を意識すると『捨』が少なくなって行くと思います。

タイトルとURLをコピーしました