ミニマリストが1年中履く靴『Crocs クロックス アット ワーク フラット』を紹介します

Crocs At Wor Flat クロックス ワーク フラット
ミニマリストのファッション

ミニマリストの女性ってどんな靴を履いているの?

そんな疑問にお答えします。

ミニマリストの私が1年中履いている靴は、『Crocsクロックス アット ワーク フラット』です。今使っているのは、2足目でリピート購入しました。

真冬はショートブーツを履く以外は、毎日『Crocsクロックス アット ワーク フラット』を履いています。

Crocsクロックス アット ワーク フラット』は、ミニマリストになりたい方や主婦・お母さんにおすすめできるのでメリットをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

『Crocs クロックス アット ワーク フラット』基本

『Crocs クロックス アット ワーク フラット』の購入は2足目ですが、Crocsのシューズ自体は6〜7年買い替えしながら履いています

ちなみに今履いている『Crocs クロックス アット ワーク フラット』は、2018年8月25日に購入したものですが、底の減りもほとんどなくまだまだ使えそうです

Crocs At Wor Flat クロックス ワーク フラット

『Crocs クロックス アット ワーク フラット』の基本情報です。

『Crocs クロックス アット ワーク フラット』は、『クロスライト』というあのCrocsのサンダルと同じ独自の素材が使われている、バレエシューズタイプのシューズです。

『ワーク』と商品名に入っていて、Crocsのカテゴリの中で働く人・プロの方向けのシューズになっています。

Crocsの公式サイトの商品説明の引用を紹介します。

飲食店、医療施設などで働く女性の快適性を実現するシューズです。「クロスライト」素材を使用し、軽い履き心地と快適なクッション性で硬い床面での長時間の仕事による疲労を軽減。アウトソールには革新的なcrocs lockを採用し、摩擦力の高い靴裏で滑りにくい構造。

Women’s Crocs At Work™ Flat

Crocsのシューズの軽さと扱いやすさに、プラス丈夫さと長時間でも疲れないようにソールに厚みがあります。

ミニマリストの私が『Crocs クロックス アット ワーク フラット』の実際に使用していて、おすすめするポイントを順番に紹介します。

[クロックス crocs at work flat]
楽天市場でチェック

合う服の幅が広く、使える場面が多い

『Crocs クロックス アット ワーク フラット』は、私が持っている服やバッグすべてと合うので、「今日は何を履こうかな」という靴選びはなくて済みます

なぜなら『Crocs クロックス アット ワーク フラット』は、ブラックのフラットのバレエシューズタイプなので、ワンピースからブルージーンズまで、カジュアルからちょっときれい目まで大丈夫です。

関連記事 ▷ ミニマリスト40代主婦の服。ブルージーンズを選ぶ理由を紹介します

季節に関しても真夏も真冬も『クロックス アット ワーク フラット』の素材は、いい意味で季節感がないので1年通して履くことができます

『クロックス アット ワーク フラット』は疲れない靴

Crocs At Wor Flat クロックス ワーク フラット

上記で書いたように働く人向けの靴で、他のCrocsのフラットタイプに比べて底が厚く、歩いた時に足への負担が少ないと感じます

私は膝の手術をした経験があるので、靴底にクッション性がないと痛みが出ることがありますが、『クロックス アット ワーク フラット』は痛みも出なし履いていてとても快適です。

さらに『Crocs クロックス アット ワーク フラット』は、すごく軽いので疲れにくいと思います。

旅行の時も、天気や服装に汎用性が高く、履きやすい点でもこの『クロックス アット ワーク フラット』1足で十分です。

『クロックス アット ワーク フラット』は雨の日も履ける

ミニマリスト的には、防水アイテム・雨の日も大丈夫なモノは購入の時の条件になったりします。

『Crocs クロックス アット ワーク フラット』は、雨の日も濡れても大丈夫な靴です。

大雨で靴の中に水が入ったとしても、靴の内側が水に濡れても大丈夫で、汚れても丸ごと洗えるのでシミになったり靴をダメにしてしまう心配がありません

さらに雨の日でも、Crocsの公式の商品説明にあったように「滑りにくいソール」なので安心です。摩擦力が高いソールなので、地面のグリップあり歩きやすいメリットもあります。

公園や芝生、グラウンドに行く場面でも気軽に使える靴なので、主婦・お母さん方にもおすすめです。

どんな風に履いているの?サイズ選びは?

あまり外出しないちょっとそこまでなら素足で、日常的にはフットカバー、冬は靴下かタイツを履きます。

手入れは、時々『Crocs クロックス アット ワーク フラット』を丸ごと洗います

それと、革用トリートメント『ラナパー』を塗るときれいに復活するので使っています。『クロックスバター』というお手入れ製品もありますが、『ラナパー』と成分にそんなに差はないので、我が家では『ラナパー』を使っています。

Crocsのサイズ選びは難しいですが、普通の靴は大体23.5cmを選ぶ私で、『Crocsクロックス アット ワーク フラット』は『W7』を履いています。ちなみに、甲は低くて幅も広くないです。

Crocsは履いているうちに少しずつ伸びてくるのと、夏場だと素材がやわらかくなるので、大きめを最初に選ぶとブカブカになってしまうかもしれないですね。

ミニマリストの私が年中履いている『Crocs クロックス アット ワーク フラット』を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました